手作りガトーショコラの日持ちはどのくらい?保存方法もご紹介!

バレンタインと言えば、やっぱり手作りチョコの人気は強いですね!

濃厚なガトーショコラを、彼氏や夫にプレゼントする方も多いはず。

手をかけて作るという行為は、ただ買ってくるよりも断然「愛」がこもっていますね。

しかし、手作りのお菓子に、ついてまわるのはやっぱり、賞味期限の問題。

意外と冬の時期でも、食中毒が起きています。

気になりますね。

  • 手作りガトーショコラの日持ちはどのくらい?
  • ガトーショコラの保存方法は?
  • ガトーショコラが腐るとどうなる?

についてお伝えします。

広告

手作りガトーショコラの日持ちはどのくらい?

手作りガトーショコラの賞味期限は、材料にもよりますが冷蔵庫で4~5日が一般的です。

作りたてよりも時間が経ったものの方が生地が馴染んでいるため、1~2日置くとより美味しく食べられます。

作った次の日がベストです。

寝かせることで余計な空気が抜け、ずっしりと濃い食感になるからです。

そして生クリームやバターなどが時間を置くことで全体的に馴染むので、さらにしっとりした食感になります。

ガトーショコラは焼き菓子なので、一度火を通して水分を飛ばしています。

チョコの防腐作用やバターの油分もあるため、手作り菓子の中では日持ちが長いほうに入ります。

ただ、卵や生クリームを使っているので、5日以上の日持ちは難しいです。

最終的にギリギリ食べられる期日、消費期限となると一週間が限度でしょう。

とはいえ、一週間経つと味が落ちてしまっていますので、なるべく早く召し上がってくださいね。

広告

ガトーショコラの保存方法は?

  • 冷蔵庫での保存方法
  • 冷凍庫での保存方法

についてご紹介していきます。

ガトーショコラの冷蔵庫での保存方法

保存方法ですが、まず焼けたガトーショコラをしっかり冷まします。

そして1カットづつ、きれいに洗った包丁で切り分けていき、カットごとにラップで密閉するように包んでいきます。

後は冷蔵庫に入れればOKです。

ラップで包む際に空気が入ると味が落ちる原因になるので、ご注意ください。

ちなみに冷蔵庫の中でも、野菜室の温度がお菓子の保存に適していますので、野菜室で保存するのがおススメです。

ガトーショコラの保存は、必ず冷蔵庫に入れてください。

常温で置いておくと、すぐに傷んだり乾燥したりします。

ただ、寒い地域で室内でも10℃以下になる部屋があるところでしたら、室内保存OKです。

ガトーショコラの冷凍庫での保存方法

冷凍庫に入れて保存する場合は、1カットずつラップに包んだ後に、

冷凍用の保存袋(ジップロックなど)に入れてください。

冷凍庫ですと、1か月ほど日持ちさせることができます。

解凍する場合は、常温ではなく、冷蔵庫解凍しましょう。

大体5~6時間で解凍できます。

常温ですと、温度差で水分が出てしまったり、霜でガトーショコラが水っぽくなります。

また、急いでいても電子レンジでの解凍は、味が著しく劣化するのでおススメできません。

解凍したものをトースターで軽く焼くと、焼き立てのような食感を楽しむことができます。

しかし、冷蔵庫保存しているけど、ガトーショコラを5日間では食べきれない!という場合、

ガトーショコラの質を落とさずに日持ちさせる方法があります。

それは、ガトーショコラの表面を溶かしたチョコでコーティングする方法です。

チョコレートをコーティングしたガトーショコラですと、

ラップをして冷蔵保存すれば1~2週間ほどは美味しく食べられますよ。

また、ガトーショコラの表面にブランデーやラム酒を塗ると、

チョコレートコーティングと同じように1~2週間は日持ちします。

お子様やお酒の弱い方には向きませんが、日持ちもしてかつ、

贅沢な大人向けの美味しいガトーショコラが出来上がるので、ぜひお試しください。

広告

ガトーショコラが腐るとどうなる?

そんなガトーショコラですが、腐ったらどうなる?

まずはカビが生えます。

常温での長期保存(10日程度)や不衛生なナイフで切り分けて長時間冷蔵庫で保存すると、

切り口や表面にカビが生えることがあります。

ちなみに、ガトーショコラのトッピングに粉糖をかけることがありますが、

カビと見分けがつきにくいので、粉糖をかけて保存するのは避けましょう。

しかも粉糖は水分を吸いやすく、カビが発生しやすいのです。

粉糖は、食べる直前にかけてくださいね。

そして、匂いが変わります。

傷んだガトーショコラは酸っぱいような嫌な臭いがします。

生クリームやチョコレートが酸化して、古い油のようなにおいがすることもあります。

ガトーショコラを嗅いでみて、焼き立ての時と違う匂いがしていたら食べないでください。

見た目や匂いに変化がない場合、少し食べてみて味を確認してください。

賞味期限を過ぎて傷んだものは、酸っぱい味がします。

そしてバターやチョコレートの油分が変質し、古い揚げ油のような胃に重いような味がします。

そのような味の変化を感じた場合は、すぐに処分してください。

消費期限を過ぎたガトーショコラを食べると、胸やけを起こしたり、最悪食中毒になります。

必ず食べないでくださいね。

まとめ

手作りガトーショコラの日持ちはどのくらい?保存方法もご紹介についてご参考になったでしょうか。

手作りすると、予想外に作りすぎたりしてしまうのですよね。

保存方法に気を付けて、美味しくいただきましょう。

☆手作りガトーショコラの賞味期限は、冷蔵庫で4~5日

☆冷凍保存で、約1か月

☆ガトーショコラを日持ちさせる方法

ガトーショコラの表面に

  • チョコでコーティングする
  • ブランデーやラム酒を塗る

と、1~2週間は日持ちします。

【関連記事】
バレンタインのお菓子に意味が込められている!要注意の種類は?

バレンタインに贈るアップルパイの通販おすすめ5選!「永遠の愛」

バレンタインに贈る和菓子の通販おすすめ7選!上品で可愛い