バレンタインのお菓子に意味が込められている!要注意の種類は?

いよいよバレンタインデーの季節がやってきました。

今年は、家族や友達に何を贈りましょうかね。

何をって…チョコじゃないの?

と思ったそこの貴女!

いえいえ、最近のバレンタインデーは進化をしています。

なんと、贈ったお菓子で相手への気持ちが伝わる…。

そんなお菓子の意味付けがあるのですよ。

特にお菓子を贈る習慣がある海外では、お菓子自体に意味が込められているケースも多いです。

  • バレンタインのお菓子に意味がある?
  • バレンタインのお菓子で要注意の種類は?

などについてご紹介いたします。

広告

バレンタインのお菓子に意味がある

☆あなたは特別な人

  • マカロン
  • カップケーキ
  • パイ

☆恋人や夫婦の贈るお菓子

  • バームクーヘン
  • マロングラッセ

☆友達にあげるお菓子

  • クッキー
  • キャラメル
  • マドレーヌ

☆要注意のお菓子

  • マシュマロ
  • グミ
広告

あなたは特別な人

  • マカロン
  • カップケーキ
  • パイ

マカロン

「あなたは特別な人」という意味を持つのは、「マカロン」

マカロンはフランスの代表的なお菓子と思われがちですが、実は発祥はイタリアです。

パスタの一種であるマカロニからきているのだとか。

高級なお菓子であることから、特別な人にしか贈らない、といった意味があります。

カップケーキ

そして「カップケーキ」にも「あなたは特別な人」という意味があります。

こちらもマカロンと同じで、大好きな人にあげるのに最適なお菓子です。

パイ

「パイ」は円周率のπ(ぱい)に見立てて、「永遠に続く愛」という意味

ホワイトデーが3月14日であることから、円周率の3.14になぞらえて「パイの日」とも呼ばれています。

今年はお返しにパイを贈ってみるのはいかがでしょうか。

【関連記事】:バレンタインに贈るアップルパイの通販おすすめ5選!

恋人や夫婦の贈るお菓子

  • バームクーヘン
  • マロングラッセ

バームクーヘン

「バームクーヘン」には「幸せが続きますように」という意味が込められています。

何層にも重なった生地から、幸せを重ねるに連想されました。

バームクーヘンは結婚式の引き出物にもよく使われることから、縁起のいいお菓子といえます。

マロングラッセ

そして「マロングラッセ」は「永遠の愛」を意味します。

栗を丸ごと砂糖で煮詰め、ブランデーで香り付けをした高価なお菓子ですが、

マケドニアの英雄であるアレクサンダー大王が最愛の妻に贈ったとされたことから、

永遠の愛を意味するお菓子と言われています。

ひいては、男性から女性に贈るお菓子と言われています。

友達にあげるお菓子

  • クッキー
  • キャラメル
  • マドレーヌ

続いては友達にあげるお菓子です。

クッキー

「クッキー」の意味は「友達でいよう」という意味です。

サクサクした食感が軽い友人関係を現しているとか。

一度にたくさん作れるところも、本命にはならない友達を連想するそうです…。

クッキーはホワイトデーの贈り物としては定番ですが、

もし意味合いを知っているのでしたら、違うものにした方がいいかもしれませんね。

キャラメル

「キャラメル」の意味は「安心する存在」です。

キャラメルを口の中に入れると溶けていってしまい、何も残りませんが、存在感はあります。

甘い余韻は安心できる存在ですが、恋には落ちないな…という意味合いです。

嫌いにはなりませんが、恋愛にはなりません。

ちなみに、よく似たお菓子である「キャンディ」の意味は「あなたが好き」

なめ終わるまでに時間がかかるし、口の中に味が長く残るので、

愛が続く前向きな意味合いが連想されるようです。

マドレーヌ

「マドレーヌ」は「仲良くなりたい」

マドレーヌはキリスト教の巡礼のシンボルであり、中世の通行手形であった帆立貝の形に焼き上げるのが伝統です。

貝殻がピッタリ合わさる姿が円満な関係を意味し、

それが転じてもっと仲良くなりたい、という意味が生まれました。

これから仲良くなりたい、という意味合いでは前向きですが、今はまだ友達同士…といった感じでしょうか。

恋愛や関係の発展を願う気持ちがあれば、贈り物に最適なお菓子です。

広告

要注意のお菓子

  • マシュマロ
  • グミ

マシュマロ

「マシュマロ」の意味はずばり「あなたが嫌い」

マシュマロは口の中に入れるとすぐ消えてしまうため、消えてほしい=嫌いという意味が込められています。

マシュマロも、ホワイトデーのお返しでは定番ですが、

こんな意味が込められているのでしたら、贈るのを迷ってしまいますね。

もともと、チョコレートを女性の愛に見立て、それをマシュマロで包んだお菓子が、

「あなたの愛(チョコレート)を純白の気持ち(マシュマロ)に包んでお返しします」という意味合いで使われていました。

マシュマロ単体ですと、マシュマロの柔らかさが「やんわりお断りする」という意味合いに変わっているようです。

誤解を避けるためにも、マシュマロのお菓子は贈らない方が良いかも知れませんね。

グミ

「グミ」にも「嫌い」という意味合いがあります。

由来はわかりませんでしたが、特にバレンタインデーやホワイトデーに、グミを渡すと嫌い、という意味になってしまうのだとか。

言わないけど、嫌いなことに気づいて、という意味だそうです。

これは、要注意ですね。

知らずに渡さないよう、ご注意ください。

ですが、贈り物に嫌いなんて意味を込めるのは、悲しいですね。

まとめ

バレンタインのお菓子に意味が込められている!要注意の種類は?についてご参考になったでしょうか。

ちなみに、チョコレートの意味は「あなたと同じ気持ち」です。

バレンタインデーや、ホワイトデーのお返しとしてのチョコレートには「これまでと同じ関係でいよう」という意味が込められています。

恋人同士や気心のしれた友人に贈るのでしたら、チョコレートを贈るのはいいチョイスですね。

バレンタインに贈るアップルパイの通販おすすめ5選!「永遠の愛」

バレンタインに贈る和菓子の通販おすすめ7選!上品で可愛い

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。