オリーブオイルの賞味期限は?未開封と開封後では?

身体に良いオリーブオイルですが・・・

不飽和脂肪酸は熱や光、空気で酸化しやすく、過酸化脂質になってしまうので気を付けなければいけません。

では不飽和脂肪酸を多く含むオリーブオイルは長持ちしないの?

身体に良いオイルとして、お料理に幅広く使われているけれど未開封の賞味期限ってどれくらいなの?

開封したオリーブオイルは、どれくらい日持ちするの?保存方法は?など

心配な事がいろいろ湧き上がってきますね。

そこで、そんなオリーブオイルの疑問について掘り下げていきます。

是非今後の参考にしてみて下さいね。

広告

オリーブオイルの賞味期限は?未開封と開封後では?

オリーブオイルの賞味期限は?未開封と開封後では?についてご紹介していきます。

未開封のオリーブオイルの賞味期限?

未開封のオリーブオイルの賞味期限は製造から12~18カ月に設定されています。

オリーブの収穫時期や抽出方法、詰められている瓶の形状など瓶詰されるまでの環境の違いで多少は前後しますから、購入する時に記載されている賞味期限をしっかり確認するようにしてください。 

エキストラバージンオリーブオイルの場合は瓶詰後18カ月が賞味期限です。

エキストラバージンオリーブオイルは科学的な処理を行わずに作られたオイルで、わかりやすく言うとオリーブの実のフレッシュジュースのようなものです。

トコフェロールやフェノール酸などの成分は、加熱に弱いです。

ですが、オレイン酸は熱にも強く揚げ物や炒め物にも使われます。

また、酸化しにくいと言われていて、主に生食用として使われます。

フレッシュジュースですからサラッとしていてとても食べやすいオイルです。

美味しいオイルであればどんどん使いますから、賞味期限にかかわらず新鮮なうちに食べきってしまうはずです。

開封後のオリーブオイルの賞味期限は?

では、開封したオリーブオイルはどれくらい保存できるのでしょうか。

賞味期限は未開封の状態の設定ですから、開封したら出来るだけ早く食べきるようにしましょう。

日にちが経過すればやはり香りや味が落ちていきます。

正しい方法で保存し、1~2カ月を目安に食べきるようにすると良いです。

賞味期限切れのオリーブオイルは食べられる?

そうは言ってもなかなか1ヶ月や2カ月では食べきれない場合も多いと思います。

オリーブオイルの品質が低下するポイントは、温度、光、酸化、そしてどれくらい日にちが経過しているかです。

ですから日付だけ見て「もう古くなったからダメだ…」と捨てる前に、本当に食べられないか確認してみましょう。

においを嗅いでみて下さい。

蓋を開けると古くなった油は酸化したにおいがしますが、これは油自体からにおってくる場合と、瓶の口に付いている油からにおってくる場合があります。

瓶の口をペーパータオルなどでキレイにふき取ってみて下さい。

酸化臭が少なくなっていれば大丈夫。

もしそれでもにおいが気になるようなら、表面の部分だけ取り除いてみて下さい。

下の方は大丈夫な場合が多いです。

実はオリーブオイルは蓋さえしっかりしておけばそんなに急に酸化はしません。

けれど光にはとても弱く、本来の辛みや苦味などはなくなり、油っぽい感じになってしまいます。

オリーブオイルの辛みや苦味は含まれるポリフェノールに由来します。

ポリフェノールが少なくなっても健康に影響はありませんが、油っぽい場合は中性脂肪になりやすい遊離脂肪酸が多くなっている場合が考えられます。

ちょっと舐めてみるとすぐにわかりますから、その場合は生ではなく炒め物などに使うと良いと思います。

ですがボトルが透明な場合は残念ですが食べない方が良いですね。

広告

オリーブオイルの保存方法は?

オリーブオイルの保存方法は?

オリーブオイルは熱や光、空気にとても弱いです。

保存方法としては

  • 開封後は蓋をしっかりしめる
  • 直射日光を避ける
  • 冷蔵庫保管は避ける
  • 高温になるコンロのそばには置かない

オリーブオイルは、光にはとても弱いです。

開封後は蓋をしっかりしめて置いてください。

入っているボトルが透明の場合は酸化、劣化しやすくなります。

オリーブオイルの緑色は葉緑素です。

葉緑素は光合成します。

オリーブオイルの場合、酸素がなくても光合成が起こってしまいますから、透明なボトルに入ったオリーブオイルは開封していなくても劣化していきます。

ですから、ボトルは遮光性のあるものを選び、直射日光を避けるようにして保存するようにしてください。

また、冷蔵庫保管は避けたほうがよいです。

理由としては、

  • オリーブオイルの中の成分が固まってしまう(温度を上げれば元に戻る)
  • 冷蔵庫から出したり、入れたりを何度も繰り返すと品質が低下する

になります。

直射日光の当たる場所や高温になるコンロのそばではなく、温度変化の少ない暗い場所で保管する、

蓋をあけっぱなしにしない等を注意すれば開封後でも案外長持ちします。

広告

オリーブオイルは不飽和脂肪酸が豊富

脂肪酸のうち、エネルギーのもととして使われるのは飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸という脂肪酸で貯蔵に向いています。

オリーブの実から作られるオリーブオイルには、私たちが体内で作り出す事が出来ない不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸はLDL コレステロール値を下げたり、動脈硬化や血栓を防いだりと私たちの身体にとって良い効果があるので是非毎日摂りたい栄養素。

まとめ

オリーブオイルの賞味期限は?未開封と開封後では?などについてはご参考になったでしょうか。

スーパーマーケットのオイル売り場に行くと、本当に多くの種類のオリーブオイルが並んでいます。

そのまま生で食べるのであれば是非エキストラバージンオリーブオイルを選んで下さい。

そして瓶は遮光性のあるものを。オリーブオイルは身体に良い脂肪酸で作られていて、中でもオレイン酸が一番多く含まれています。

オレイン酸は熱にも強いのが特徴ですから、炒め物や揚げ物に使っても大丈夫です。

美味しいオリーブオイルを選んで早めに食べてしまいましょう。

【関連記事】
こめ油のメリットとデメリットは?栄養もご紹介

インカインチオイルとは何?栄養と効果や効能!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。