茶碗蒸しが固まらない理由は?対処法からリメイクまで解説!

茶碗蒸しが固まらない理由は?
お出汁のきいたプルプルの茶碗蒸しが食べたくて、久しぶりに作ってみたところ…。

見事に失敗しました。

茶碗蒸しの全く固まる気のない黄色い液体を見て、途方に暮れる私・・どうしましょう?

  • 茶碗蒸しが固まらない理由は?
  • 茶碗蒸しが固まらない時の対処法は?
  • 茶碗蒸しが固まらないリメイク方法は?

について解説していきます。

広告

茶碗蒸しが固まらない理由は?

まず、茶碗蒸しが固まらない理由はこちらです。

  • 生の舞茸を使ってしまった
  • 卵と出汁のバランスが良くない
  • 蒸し器の温度に問題がある

です。

生の舞茸を使ってしまった

具材に生の舞茸をしまった場合、舞茸のタンパク質分解酵素が邪魔して、茶碗蒸しが固まりません。

卵の中のタンパク質が固まることによって茶碗蒸しが出来ます。

舞茸のタンパク質分解酵素が、タンパク質を分解してしまうので、茶碗蒸しが固まらなくなってしまいます。

タンパク質分解酵素は、茸ではしめじや椎茸、エノキにも含まれていますが、舞茸に比べたら弱いので、入れすぎなければ問題ありません。

舞茸だけが、分解する力がとても強いのです。

舞茸を使う場合は、下茹でをして酵素の活性を消失しましょう。

タンパク質分解酵素は、パイナップル、梨、パパイヤ、キウイフルーツ、イチジクなどにも含まれています。

これらを、すりおろす等して肉に浸しておくと、肉が柔らかくなる効果があります。

卵と出汁のバランスが良くない


また、卵と出汁の比率が良くないと、茶碗蒸しがきれいに固まらないことがあります。

卵と出汁の比率は、卵1個に対し、出汁3がベストです。

卵1個がおよそ50gですが、卵の大きさや重さはそれぞれ違うので、ちゃんと計った方が良いでしょう。

卵の量が多いと固くなり、逆に出汁の量が多いと固まりません。

茶わん蒸しを作る際には、卵は一個二個ではなく、卵液で何ml、と考えましょう。

その上で、良い比率の出汁と組み合わせてください。

そして、特に水分を出すような具材が入っている場合は、その水分も、出汁の分量として考えます。具になる食材は、煮ると水分が出てきます。

だから、茶わん蒸しの具材はたくさん入れ過ぎないことです。

ほどほどにしましょう。

具材はあまり水分の出ないものが良いです。

水の出やすい青菜は入れ過ぎないようにしましょう。

おススメとしては

  • かまぼこ
  • 椎茸
  • 銀杏
  • アナゴ
  • 鶏肉
  • エビ
  • ゆり根
  • 三つ葉

などが定番ですね。

一応、茶碗蒸しの具材にするときは、ペーパータオルなどで水気をしっかりふき取りましょう。

電子レンジで茶碗蒸しを作る場合の比率は卵1個に対して出汁が2.5、がベストバランスです。

加熱ムラを起こしたくないなら、卵と出汁の比率に注意してください。

広告

蒸し器の温度に問題がある

蒸し器の温度が低すぎても、うまく茶碗蒸しが固まりません。

茶碗蒸しのベスト温度は80~95℃です。

卵は、黄身が70℃前後、白身は80℃前後で固まります。

そして、90℃を超えてくると茶わん蒸しにスが入ります。

この温度を保つには、蒸し器を充分に温める必要があります。

まず強火で蒸し器の水を沸騰させるために強火にします。

茶わん蒸しの容器を温めるためと、蒸し器の内部の温度を上げるためです。

強火で温度を上げたら、弱火と余熱で温度をキープします。

茶わん蒸しは、「強火→弱火」で作るのがポイントです。

茶碗蒸しの容器をお湯かられるか、水から入れるかでも、かかる時間が違ってきます。

水から入れる場合は、水が沸騰するころには容器が温まっているので、強火の時間は短いです。

一方、容器をお湯から入れる場合は、その分容器を温める時間を足してあげることになります。

大体、強火の時間は1~4分程度。

容器が熱くなって、茶碗蒸しの表面が固まり始めたなら、弱火に切り替えてください。

その後、楊枝などをさして、透明な汁が穴から出てきたら出来上がりです。

茶碗蒸しが固まらない時の対処法は?

茶わん蒸しが全く固まらない場合は、具材と卵液を別々にし、卵液に卵を足して、よく混ぜてください。

後は卵液をざるなどで濾して具材の入った器に流しいれ、再度蒸し器で蒸します。

卵液が足りなくて固まらなかった場合は、これで大丈夫です。

火加減が弱すぎた場合は、蒸し器を強火でしっかり温めて、器を置き、強火で2~3分、中火にして10分ほど様子を見てください。

舞茸を入れていたせいで固まらなかった場合は、舞茸を出して、しっかり火を通してください。

30秒ほど茹でれば大丈夫です。

舞茸のタンパク質分解酵素が、茶わん蒸しの卵液に溶け出してしまっていることがあります。

あらたに、卵液を作ってから茹でた舞茸を入れて茶わん蒸しにしましょう。

広告

茶碗蒸しが固まらないリメイク方法は?

茶わん蒸しがまだらに固まっていたり、分離している場合は、思い切ってだし巻き卵にしましょう。

出汁を減らして、固まっているところに卵を足します。

具も一緒に卵焼きとして焼いてしまいましょう。

巻くのが大変…。というときは、そのままフライパンで焼いて、和風オムレツにしましょう。

そのまま鍋に移して冷ご飯を加えると、出汁のきいた卵雑炊にもなります。

固まらなかった茶碗蒸しを皿に取り出して、和風のあんかけを絡めて食べるのも美味しいです。

麺つゆと片栗粉であんかけを作り、かけるだけです。

ツヤツヤのあんかけと卵の黄色が良い感じ。

ニラを切って焼いてから、茶碗蒸しの卵液を入れるとニラたまになりますし、ニラと豆腐を炒めた上に茶碗蒸しの卵液を加えると、今度は豆腐チャンプルーになります。

美味しい具材と出汁、そして卵が入っている茶碗蒸しは、いろいろな料理にリメイク可能です!

固まらなかったといって捨てたりせず、美味しく食べてくださいね。

まとめ

茶碗蒸しが固まらない理由は?対処法からリメイクまで解説!についてはご参考になったでしょうか。

茶碗蒸しを固めるのにはコツがいりますが、それさえ踏まえれば大丈夫です!

もう一度、おさらいすると

茶碗蒸しが固まらない理由は?

  • 生の舞茸を使ってしまった
  • 卵と出汁のバランスが良くない
  • 蒸し器の温度に問題がある

茶碗蒸しが固まらない時の対処法は?

  • 卵液に卵を足して、再度蒸し器で蒸す
  • 蒸し器を強火でしっかり温めてから、火加減を調整する
  • 舞茸を茹でてから入れる

茶碗蒸しが固まらないリメイク方法は?

  • だし巻き卵
  • 和風オムレツ
  • 出汁のきいた卵雑炊

など、いろいろな料理にリメイク可能です。

捨てたりせず、美味しく食べてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。