神茂の手取りはんぺん値段や賞味期限は?通販サイトや食べ方も紹介!

神茂の手取りはんぺん値段
『神茂(かんも)の手取りはんぺん値段や賞味期限は?通販サイトや食べ方も紹介!』についてお伝えしていきます。

『神茂』は日本橋にある、『手取りはんぺん』で有名な、老舗の練り物屋さんです。

神茂の『手取りはんぺん』はふわふわ過ぎて、はんぺんの常識を覆すとまで言われています。

テレビで紹介されることも多いので、食べてみたい!と気になっちゃいますよね。

  • 神茂の手取はんぺんの値段はいくら?
  • 賞味期限は何日もつの?
  • どんな食べ方が美味しい?
  • お取り寄せできる通販サイトはある?

いざ神茂の『手取はんぺん』を食べるとなると、気になる事を調べてまとめてみました。

日本橋神茂の『手取はんぺん』について詳しく知りたい方は、最後までお付き合いくださいね。

広告

神茂の手取りはんぺん値段はいくら?

神茂(かんも)の手取りはんぺんの値段は、1枚421円(税込)です。

スーパーで売っている一般的な「はんぺん」(紀文など)の値段は、1枚200円くらいなので、2倍くらい高価です。

まだ食べたことのない人は、なぜこんなに高いの?と思うかもしれませんね。

でも、一度でも神茂の手取はんぺんを食べたことのある人は、味や食感が普通のはんぺんとは違いすぎるので、値段が高いのは仕方ないとすぐ納得するようです。

値段が普通のはんぺんよりも2倍高い理由は、原材料とその製法にあります。

スーパーで売っている「はんぺん」は、タラのすり身を使っているものが多いですが、神茂の「手取りはんぺん」の魚肉は、鮫(サメ)の肉です。

毎日漁港から直接仕入れる鮫肉100%で作られています。

昔ながらの製法で、一番美味しいとされている”青鮫を4割・より切り鮫6割”の配分で混ぜ合わせ、職人さんが手で型取っています。


この動画をみると、日本橋の老舗『神茂』の手取はんぺんのこだわりに驚き、値段にも納得です!

神茂はんぺんの店舗情報

『手取りはんぺん』が有名な『日本橋 神茂』は、創業元禄元年1688年です。

まさに老舗の中の老舗のですね。

日本橋本店の他には、日本橋と横浜の百貨店(高島屋・三越)に販売店舗があります。

  • 高島屋日本橋本店
  • 日本橋三越本店
  • 高島屋横浜店

神茂本店(日本橋)

神茂の手取りはんぺん賞味期限は何日?

神茂の『手取りはんぺん』の賞味期限は、製造日を含めて5日間です。

保存は要冷蔵。

もちろん保存料なんて含まれていません。

スーパーで見る普通のはんぺんも、1週間以内が賞味期限になっているものが多いし、賞味期限が5日間は、それほど短いというわけではないと思います。

でも、できるだけ早く、作り立ての新鮮なうちに食べた方が美味しいでしょうね。

広告

神茂の手取りはんぺんお取り寄せ通販サイト

神茂の『手取りはんぺん』の販売店は、日本橋と横浜にしかありません。

ですが、遠方に住んでいても、神茂の『手取りはんぺん』はお取り寄せできる通販サイトがあります!

以前は、楽天市場でも手取はんぺんを購入できたようですが、2021年現在では販売していませんでした。

神茂の公式サイト

神茂の公式サイトで、お取り寄せ通販できるようになっています。

『手取はんぺん』だけでなく、『かまぼこ』や『おでんだね』など、色々な神茂商品をお取り寄せできます。

ですが、送料が1個口ごとに1,100円かかるので、少量の購入だとかなり割高です。

  • 配送方法:宅急便(ヤマト運輸)
  • 送料:1個口毎、1,100円
  • 発送:入金確認後5営業日以内(配達希望日時を選べます)
  • 支払方法:クレジットカードor代金引換
  • 熨斗紙及び包装は無料で依頼可能

高島屋オンラインストア

高島屋オンラインストアで販売しているのは、『手取り半ぺん・御蒲鉾・調理済おでんの詰合せセット』だけです。(2021年現在)

値段は、4,429円(税込・送料込)

通販サイト上で見る限りは、神茂の公式サイトで3,629円(税込)で販売しているセットと同じだと思われます。

神茂の公式サイトだと、送料が1,100円かかるので、送料込みで考えると、高島屋オンラインストアの方が300円安く購入できますね。

  • 配送方法:工場から冷蔵便にて直送
  • 発送:ご入金確認後4~7日前後のお届け(配達時間指定可能及びご注文日の8日後以降から配達日指定可能です。)
  • 支払方法:クレジットカード、タカシマヤ友の会お買い物カード、d払い、Amzon Pay、コンビニ決済、ネット銀行、ペイジー
  • 熨斗紙及び包装は無料で依頼可能

神茂の手取りはんぺん食べ方は?

神茂の『手取りはんぺん』は、もちろんそのままで十分に美味しいですが、他に食べ方ないのかな?という方のために、神茂の『手取りはんぺん』の食べ方を5種類、ご紹介します。

  1. 生でそのまま、わさび醤油をつけて!いわゆるはんぺん刺し
  2. 軽く炙って、やはりわさび醤油
  3. はんぺんと言えば、定番おでん
  4. 変わり種として、チーズを挟んでレンチン
  5. フライパンでバター醤油焼き

どの食べ方も美味しそうです。

でも『神茂の手取りはんぺん』を初めて食べる場合は、まず、最初は生で食べてみたいものです。

日本酒が合いそうですね。

広告

神茂の手取りはんぺんの口コミ

『神茂の手取りはんぺん』の評判です。

ビールのおつまみや、晩酌のあてには、もってこいですね。

とろける!やふわふわ~、食べられる淡雪など、みなさんいろんな言葉で、『神茂の手取りはんぺん』の美味しさを表現していますね。

やはり、一番好き、さすが、すごいなど、特別感たっぷりな言葉が並んでます。

さすが、老舗の神茂さん、違いますね。

まとめ

神茂の『手取りはんぺん』の値段、賞味期限、お取り寄せ通販サイトや食べ方などについてお伝えしてきました。

日本橋の老舗の『神茂』さん、原料は鮫肉100%、昔ながらの製法で『手取りはんぺん』を作り続けています。

老舗ならではのこだわりが随所に現れていますね。

『手取りはんぺん』以外にも、おせち料理に欠かせないかまぼこや伊達巻、がんもどきなどのおでん種なども扱っています。

ちょっと美味しいはんぺんが食べたい時、ふわふわでとろけるはんぺんが食べたい時、『神茂の手取りはんぺん』を買ってみるのも良いのではないでしょうか。

最後まで『神茂の手取りはんぺん値段や賞味期限は?お取り寄せ通販サイトや食べ方も紹介!』ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。