東京で琥珀糖を売ってる場所は?期間限定の商品は?

琥珀糖 東京で売ってる場所は?
食べるのがもったいないほど綺麗な「琥珀糖」

断面がキラキラして宝石みたいで、「食べられる宝石」とも言われています。

ガラスの小瓶などに入れて、部屋に飾っておくだけでも華やな雰囲気。

賞味期限がくるまで、しばらく食べずにそのまま、なんて人も・・・

外シャリ、中トロッの食感がクセになる琥珀糖です。

夏は、炭酸水に入れると見た目も涼しげで、綺麗な琥珀糖ソーダになります。

そんな琥珀糖ですが

  • 琥珀糖を東京で売ってる場所は?
  • 期間限定の琥珀糖は?

などについてご紹介にしていきます。

広告

東京で琥珀糖を売ってる場所は?

東京の琥珀糖専門店から

日本三大菓子処「京都」「金沢」「松江」

の内の東京で販売している京都・金沢の和菓子屋さんまでご紹介していきます。

東京で琥珀糖を売ってる場所(順不同)

  • シャララ舎(東京)
  • 玉英堂 彦九郎(東京)
  • 鶴屋吉信(本店・・京都)
  • 俵屋吉富(本店・・京都)
  • 菓匠 静閑院(本店・・京都)
  • 永楽屋(本店・・京都)
  • 和菓子村上(本店・・金沢)
広告

シャララ舎(東京)


「シャララ舎」

【住所】東京都渋谷区笹塚1-42-7 101

【営業時間】
:水・木・金 14時〜21時(当面20時まで)
:土・日 12時〜19時
:月・火 定休日 *祝日でもお休み

【HP】:「シャララ舎」

シャララ舎は、琥珀糖専門店で、美しい琥珀糖として評判のお店です。

特に、鉱物型の琥珀糖は人気。

2012月4月 千葉の市川(京成八幡駅)で開業

2018年3月から 東京の笹塚に移転しました。

琥珀糖を販売している場所と、琥珀糖のメニューを楽しめるカフェが併設されています。

カフェの人気メニューは、琥珀糖の金魚が入ったソーダ水。

東急ハンズ渋谷店2Aにて、2021年6月18日(金)〜7月15日(木)まで
琥珀糖5種類が販売されます。

  • 蛍石の小瓶《蛍光》
  • 蛍石の小瓶《イリノイ》
  • アクアマリンのラフロック
  • ローズクォーツのラフロック
  • 琥珀糖標本3個セット
  • 玉英堂 彦九郎 (ぎょくえいどうひこくろう)


    「玉英堂 彦九郎」

    【住所】:東京都 中央区 日本橋人形町 2-3-2 玉英堂ビル 1F

    【営業時間】
    ☆9:00~21:00(土曜~20:00、日曜・祝日~17:00)

    【HP】「玉英堂 彦九郎」

    京都発祥で445年の歴史を持つ老舗和菓子さんです。

    玉英堂 彦九郎は、京都三条大橋で創業し、

    その後京都の本店を閉じて人形町のお店に移転しました。

    琥珀糖「氷石」は通年販売しています。

    広告

    鶴屋吉信(つるや よしのぶ)

    「鶴屋吉信 東京店」
    【住所】:東京都中央区日本橋室町 一丁目5番5号 COREDO3 室町1階

    【営業時間】
    :ショップ 10:00~21:00
    ※6/1~当面の間 11:00~18:00

    :茶房・菓遊茶屋 10:30~20:00(ラストオーダー19:30)
    ※6/1~当面の間 喫茶12:00~18:00(L.O17:30)菓遊茶屋12:00~17:00


    「鶴屋吉信 虎ノ門ヒルズ店」
    「IRODORI」を併設した新モデルの店舗

    【住所】:東京都港区虎ノ門一丁目17番1号虎ノ門ヒルズビジネスタワー1階

    【営業時間】
    平日  10:30~19:30(※当面の間 11:00~19:00)
    土日祝 11:00~19:00(※当面の間 休業)


    「鶴屋吉信 世田谷店」
    【住所】:東京都世田谷区世田谷1丁目23-20

    【営業時間】:9:00~17:00


    鶴屋吉信は、200年以上の伝統ある京都の老舗です。

    全国主要都市の有名百貨店 約65ヶ所の直売店。

    琥珀糖は、青苔(せいたい)・スティックタイプの琥珀糖があります。

    青苔は、鶴屋吉信の本店・直営店のみで販売。
    ☆輝く3色の琥珀糖

    スティックタイプは、IRODORIの限定商品。
    ☆ジャスミンやラベンダーなど5種のフレーバー

    【HP】「鶴屋吉信」

    俵屋吉富(たわらやよしとみ)

    「俵屋吉富 西武百貨店池袋本店」
    【住所】:東京都豊島区南池袋1丁目28−1 西武池袋本店食品館B1F

    【営業時間】
    :月~土
    10:00~21:00

    :日・祝
    10:00~20:00

    【HP】「俵屋吉富」

    俵屋吉富は、1755年創業の老舗

    琥珀糖「貴船の彩」のほか、季節に合わせて琥珀を販売しています。

    • 「貴船の彩」(きぶねのいろどり)4月~8月下旬頃
    • 蜜柑琥珀」(みかんこはく)2月頃~3月頃
    • 「桜琥珀」(さくらこはく)3月頃~4月頃
    • 「煎茶琥珀」(せんちゃこはく)4月頃~5月頃
    • 「檸檬琥珀」(れもんこはく)5月~6月下旬
    • 「マンゴー琥珀」(マンゴーこはく)7月~7月下旬
    • 「マスカット琥珀」(マスカットこはく)7月下旬~8月下旬

    その他にも「栗琥珀」・「柿琥珀」・「葡萄琥珀」・「柚子琥珀」・「苺琥珀」があります。

    菓匠 静閑院(かしょう せいかんいん)

    菓匠 静閑院 東京に5店舗

    • 池袋西武店
    • ルミネ北千住店
    • 玉川高島屋S・C店
    • 新井薬師店
    • 京王百貨店 聖蹟桜ヶ丘店

    【HP】:「菓匠 静閑院」

    菓匠 清閑院は京都に本店があり、 1988年に創業した京都では比較的新しいお店です。

    店舗は、全国に展開しています。

    琥珀糖「京てまり」は、小さく可愛らしい和菓子。

    青うめ・あんず・桃・ラムネ・いちご・レモンの6種類。

    永楽屋(本店・・京都)

    「永楽屋 東京店」
    【住所】:東京都中央区日本橋本町1-4-1

    【営業時間】☆9:00~18:00(土曜17:00まで)

    【定休日】:日曜日・祝祭日

    【HP】:「永楽屋」

    永楽屋は、京都で1946年に創業し和菓子のほか佃煮も取り扱うお店です。

    琥珀糖は

    • 重陽
    • 琥珀 柚子
    • 柚子こごり
    • 琥珀 橙

    期間商品として
    琥珀 紅玉・琥珀 せとかの雫・琥珀 レモンの雫などがあります。

    和菓子村上(本店・・金沢)


    和菓子村上の東京では、4店舗

    • 日本橋高島屋店
    • 池袋東武店(金沢和音)
    • 渋谷ヒカリエ ShinQs 東横のれん街店
    • 小田急町田店

    【HP】:「和菓子村上」

    和菓子村上は、創業明治四十四年(1911年)に石川県金沢で創業

    琥珀糖は、

    • 「わり氷」
    • 「金沢ゆずわり氷」
    • 「加賀棒茶わり氷」
    • 「マンゴーわり氷」
    • 「のと塩サイダーわり氷」
    • 「ぶどう⼊りわり氷」

    で、ひと粒ずつ、職人の手で割ってつくります。

    趣きあるかけらに仕上げています。

    銀座 蔦屋書店とのコラボ商品「夏のわり氷」

  1. ⾦沢ゆずわり氷
  2. ぶどう⼊りわり氷(ぶどう味+通常わり氷のミックス)

の2種類

銀座 蔦屋書店店頭
☆2021年6月14日(月)より販売開始

琥珀糖を期間限定で売ってるお店

琥珀糖を期間限定で売ってるお店を順不同でご紹介します。

  • 豊島屋(本店・・鎌倉)鳩サブレーが有名「ダイヤ糖」(販売期間:6月1日~8月31日)
  • 鎌倉紅谷(本店・・鎌倉)クルミッ子が有名「花火-hanabi-」2021年7月6日(火)より鎌倉紅谷全直営店舗にて夏季限定商品として販売
  • 金精軒(山梨県)「琥珀糖ミント」2020年では6月24日より販売が始まりました
  • 本家菊屋(奈良県)鶯餅の元祖「金魚すくい」2021年7月2日~2021年7月31日
  • 三英堂 (本店・・島根県松江)「氷室」(販売期間:5月~8月末)
  • 亀屋清永(本店・・京都)「水の精」(販売期間:6月~8月)
広告

色々な名前の琥珀糖

色々な名前の琥珀糖のお店を順不同でご紹介します。

  • harapecolab(福岡県)「こうぶつヲカシ」
  • 四季彩和菓子かきはち(福岡県)「花筆箱」
  • 彩雲堂(島根県)「氷室」
  • いづも寒天工房(島根県)「縁結びかん他」
  • 岡伊三郎商店(島根県)「いろどり宝石菓」
  • 石川屋本舗(石川県)「かいちん」
  • 茶菓工房たろう(石川県)「もりの音」
  • NANASAN(滋賀県) 「MIO(ミオ)」
  • 鶴屋光信(京都)「果乃菓」
  • 青木松風庵(大阪府)「星のしずく」
  • 御菓子 つちや(岐阜県)「みずのいろ」
  • 長寿園(愛知県)「氷彩花」
  • モン・プティ・プッサン(愛知県)「肉球ジュエルボックス」
  • 木村屋(山形県)「花氷」
  • 越乃雪本舗大和屋(新潟県)「こはくの つみき」
  • 御菓子司 かぎや(福島県)「ぶどう氷」琥珀糖とはちょっと作り方が違います
  • なごみの米屋(よねや)・千葉県「華音のかけら」

まとめ

東京で琥珀糖を売ってる場所は?期間限定の商品は?についてご参考になったでしょうか。

寒天は、江戸時代に「美濃屋太郎左衛門(みのやたろうざえもん)」が作りだした日本の伝統食材です。

そんな寒天から琥珀糖が作られましたが、現在では、多種多様に広がっています。

東京でも琥珀糖が購入できますし、ネットからも手軽に美味しい琥珀糖が購入できるものもあります。

また、アンテナショップでも、琥珀糖が期間限定で販売してることもありますので、のぞいて見てくださいね。

【関連記事】
琥珀糖の手作りの賞味期限や保存方法は?

琥珀糖とぶどう氷・寒氷・薄氷・味甚羹の違いは?

寒天の手作りでの賞味期限はどれくらい?冷凍しても大丈夫?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。