シークワーサー 青切りと完熟の違いは?栄養や効能!

シークワーサーの青切りと完熟の違いは?
沖縄の名産物、シークワーサー(シークヮーサー )

沖縄に自生するミカン属の柑橘類で、直径3~4㎝くらいの小さな果実です。

北は奄美大島から、南は台湾まで分布しています。

シークワーサーには青切りと完熟があります。

青切りと完熟はなにが違うのでしょうか。

  • シークワーサーの青切りと完熟の違いは?
  • シークワーサーの青切りと完熟の栄養の違いは?

などについて解説していきます。

豊かな香りとフレッシュな果汁に溢れるシークワーサーの魅力をご紹介します。

広告

シークワーサーの青切りと完熟の違いは?

シークワーサーの青切りと完熟は、なにが違う?

シークワーサーの「青切り」と「完熟」について、お伝えしていきます。

シークワーサーの青切り

青切りシークワーサーとは、8~11月頃までの約4か月間に採れたもの。

熟する前の、緑の時期に収穫する未熟果で小さいです。

とても酸っぱいので、そのまま食べることはできません。

沖縄ではシークワーサージュースや、泡盛に数滴入れて、風味を楽しみます。

また、刺身や唐揚げ、焼き魚にかけてレモンなどの代わりにします。

そんな酸っぱいシークワーサー、なぜ人気なのかというと、

青切りシークワーサーには完熟したシークワーサーに比べて、ノビレチンの量が多いからです。

青く小さい実の中に、ギュッと栄養が詰まっています。

広告

完熟シークワーサー

完熟シークワーサーとは、12月~1月までの約2か月の間に採れた、完熟したシークワーサーの事です。

そのまま食べることができます。

沖縄の方言で「黄金のクガニー」からクガニと呼ばれています。

完熟したシークワーサーは手で剥けるほどの柔らかさとなり、糖度は10%を超えるほどの甘みです。

12月下旬ころから表皮が黄色に熟し、地元では食用のミカンとして利用されています。

ちょっと酸っぱめのミカンのような味わいです。大きさも青切りに比べると2倍ほどになります。

ちなみにシークワーサーとは沖縄の方言で「シー(酸っぱい)」「クワーサー(食べさせる)」という意味です。

標準和名では平実レモン(ヒラミレモン)という事で、こちらも酸っぱさを連想させる名前です。

シークワーサーの青切りと完熟の違いのまとめ

簡単にまとめると

青切りシークワーサー

  • 未熟果で緑色で小さい
  • 酸味と風味が強い
  • ノビレチンが多い
  • レモンなどの代わりに使う

完熟シークワーサー

  • 完熟で黄金色・大きい
  • 柔らかく甘みがある
  • ノビレチンが少ない
  • みかんのように、そのまま食べる

シークワーサーの青切りと完熟の栄養の違いは?

青切りと完熟したシークワーサーの栄養価の違いですが、シークワーサーにはノビレチンという栄養素が入っています。

シークワーサーの青切りに多く含まれ、完熟は少ないのが、栄養の違いです。

ノビレチンは、柑橘類に含まれているフラボノイドの一種です。

ミカンなどにもノビレチンは入っていますが、一番多いのはシークワーサーです。

100gあたりのノビレチン含有量・・温州みかん24mg・グレープフルーツ1mg

青切りだとミカンの約11倍、グレープフルーツだと267倍です!

素晴らしい

他の柑橘類よりも果汁で2~12倍、皮の部分には400倍も多く含まれています。

そう、特にノビレチンは皮の部分に多く含まれているのですが、
シークワーサーは

  • 果実が小さく皮が薄い
  • 害虫がつきにくい
  • そのため、農薬散布が少ないことから、皮ごと搾って加工することが可能であり、ノビレチンを余すところなく使うことができるのです。

その効用はというと

  • シミやそばかすなどのメラニン生成を防ぐ
  • 痩せホルモン「アディポネクチン」の分泌を促し、脂肪を分解
  • 抗アレルギー作用により、花粉症やアレルギーの改善
  • 風邪やインフルエンザ予防
  • 認知症予防/li>
  • 血糖値上昇抑制
  • 冷え性改善

などなど、主に美容に効果が期待できるのです!

また、ノビチレンの認知症に対する有効性が確認されました。
抗認知症成分ノビレチンの効果・・抗認知症機能性食品開発部門 東北大学

そのノビレチン、収穫する時期によって栄養価が変わっていきます。

特に青切りが一番多く実が熟していくほどに変わっていきます。

産地や商品によって違いがありますが、青切りで、100g当たり267mg、完熟してしまうと約10mgに減ってしまうのだとか。

なので、断然「青切りシークワーサー」の方がお得です!

このノビレチンの栄養効果の為に、シークワーサーは健康食品として人気です。

シークワーサーの効果・効能は?

ノビレチンの他にシークワーサーの栄養素の中で優れているのがビタミンCです。

免疫力を高めて風邪を予防するほか、肌コラーゲンの合成を手伝い、美白を促します。

ビタミンCは壊れやすい成分ですが、シークワーサーに含まれているヘスペリジンがビタミンCを安定させるためビタミンCの効力が減少しません。

また、他の栄養素ですとヘスペリジン(ビタミンP)、シネフリン、クエン酸もあります。

ヘスペリジンは毛細血管をしなやかに保ち、あざを作りにくくします。

シネフリンは食欲を抑える働きや脂肪の燃焼を促進する効果、酵素であるリパーゼを活性化する働きがあると言われています。

クエン酸はカルシウムやカリウムなど、身体に必要なミネラルの吸収を促進します。
他にも

  • タンゲレチン…抗酸化作用、抗炎症作用
  • リモネン…がん細胞の抑制に期待、神経の興奮の鎮静

などの効果があります。

効能としては

  • ダイエット効果
  • 美肌美白効果
  • 冷え性の改善
  • 花粉症などのアレルギー症状改善
  • 糖尿病予防効果
  • 風邪予防
  • がん予防
  • 認知症の予防
  • 疲れやすい体質を改善
  • 骨粗しょう症改善
  • 慢性リウマチの予防、改善
  • 頻尿、尿漏れの改善
  • 更年期障害の改善
  • うつ症状改善

などに期待されると言われています。

ちなみに、ノビレチンの推奨摂取量は1日約10mgです。

これなら、続けられそうですね。

まとめ

シークワーサー 青切りと完熟の違いは?栄養や効能!についてはご参考になったでしょうか。

青切りシークワーサーを選ぶときは皮の色が濃い青緑の光沢、ハリがあるものを。

完熟シークワーサーを選ぶときは光沢とハリがあるものを選び、持った時にずっしりと重いものが、果汁が豊富な証拠です。

ジュースに加工したものも人気なので、手軽にキレイになりたいのならぜひ!

飲んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
グレープフルーツのルビーとホワイトの栄養の違いは?

みかんはいつ食べると効果的?朝は肌に悪いは誤解?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。