バナナが黒くなる理由は?食べても大丈夫?保存方法とは!


バナナは、手頃な値段で、手軽に皮をむいてすぐ食べれて忙しい朝は、とっても便利。

いつでもバナナがあればいいのに・・・

でも、ちょっと油断すると、バナナが黒くなってる。

  • バナナが黒くなる理由?
  • バナナが黒いけど食べれる?
  • 日持ちのしないバナナの保存方法は?

についてお伝えしていきます。

広告

バナナが黒くなる理由は?

バナナが黒くなる理由は何でしょうか?

バナナをそのまま常温で保存しておくと黒い点々が現れますね。

「シュガースポット」「スイートスポット」と呼ばれています。

バナナは自ら「エチレンガス」というガスを出しています。

このエチレンガスによってバナナの追熟が進んで黒くなるのです。

傷みを早めてしまう反面、熟成を促して、さらに甘くなるのもこのエチレンガスのおかげなんです。

エチレンガスが傷みを早めるので、買ってそのままのポリ袋のままだと袋の中がガスが充満し、傷みを早くします。

また、水滴もついて、雑菌が繁殖しやすくなりますので注意して下さい。

バナナを冷蔵庫に入れると黒くなる理由は?

バナナを冷蔵庫に入れる皮が真っ黒になりまね。

バナナを冷蔵庫に入れると皮が黒くなる理由は、低温障害です。

バナナは、南国のフルーツですので、冷蔵庫に入れるとストレスを感じて、自分で細胞を破壊してしまいます。

それによって酵素の働きが活性化し皮にポリフェノールを生成して黒くなるのです。

バナナが黒いけど食べても大丈夫?

常温保存して黒い点々「シュガースポット」「スイートスポット」が現れたバナナは、糖度が増すだけではなく、ポリフェノールも増えています。

バナナが熟成した証拠で、とても甘く美味しいです。

冷蔵庫に入れて皮が真っ黒になったバナナ。

皮が真っ黒で食べても大丈夫なのか心配ですね。

実は、皮が真っ黒でも、中身は普通のバナナで黒くなっていません。

食べても大丈夫です。

バナナが変なニオイや味がしたら、食べるのはあきらめましょう。

バナナの常温保存方法

バナナは自分の重みでも傷むので吊り下げておいた方がいいです。

バナナの常温での保存するなら

  • バナナハンガーを使う
  • 袋に入れっぱなしにしない
  • 柄の部分をラップで巻きなおかつ1本づつラップで巻く

を心掛けてください。

また、最適保存温度は15℃~20℃

風通しが良く、直射日光の当たらない常温での保存が良いんですが、

日本には四季があるので、いつも良い気温にするのは難しいです。

特に夏場は、注意が必要ですね。

バナナの保存方法冷蔵庫

バナナの保存で夏場は注意!
それなら、涼しいところで・・・

と、冷蔵庫保存が良さそうですが、冷蔵庫にバナナを入れると、すぐ皮が黒くなってしまいますよね?

良い方法を調べてみると

  1. 50℃洗い
  2. ラップを捲いて保存すると良い

さっそくやってみました!

①の50℃洗い

テレビ「試してがってん!」で有名になった保存方法ですね。

  • 皮ごとのバナナを、1本づつ、50℃のお湯に1分つける
  • 最低1時間は、室温に置く
  • ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存

なんと、コレだけで

  • 甘くなる
  • 3倍長持ちする

とのこと。

50℃のお湯・・・というと難しそうですが、熱湯を100㏄作って水50㏄と割れば出来上がり!

ただ、季節柄、寒い時は、温度もすぐ低くなるので、温度計があれば使ってください。

雑菌が繁殖する温度が25℃~43℃なので、43℃を下回らなければ大丈夫です。

さっそく50℃のお湯を作って、つけてみました。

バナナの青臭いような、あの甘―い感じの香りがふんわり広がって、良い感じです。

湯から出したら、そのまま、1時間放置。

食べてみたら。確かに、比べてみると甘い。
ワンランク、グレードアップした甘さです!

身もしっとりして美味しくなります!

お砂糖も使わず、湯につけただけで甘くなるなら、良いですね!さっそく取り入れたいと思います。

野菜などがしおれてしまうのは、野菜の細胞の水分がなくなってしまうからなんです。

それが!50℃のお湯につけると、気孔が開いて水分を吸収する!

若返るんです!

また、強いストレスがかかり、そのストレスに対抗して抵抗力が増し熱ショックタンパク質が生まれ長持ちするようになります。

また、雑菌が少なくなるので、保存性が上がります。

ちなみに、イチゴやリンゴなどでも、美味しくなる効果がありますよ。

この若返ったバナナを
②のラップにくるむやり方で保存していきましょう。

②のラップを捲いて保存

バナナを房から切って、一本ずつにする

  • ラップでくるむ
  • ポリ袋にまとめて入れる

これだけです。
下に接触すると傷みが早くなるので、場所取りですが、カーブを上にした方が長持ちします。

なんと1週間でも、黄色いまま!
2週間で、皮は黒くなっても中は真っ白です。
目安としては10日前後で食べてください

バナナを黒くするエチレンガスは、根元の房から出ているので、小分けに切り離してあげたほうが長持ちするんです。

ヘタを切り取るか、中身がむき出しになるのが、気になる人はヘタの周りにラップをまきましょう。

バナナの保存方法冷凍庫

冷凍庫を使用すると、バナナは1か月持ちます。

保存方法は

  • 一本づつ皮をむいて、ラップにくるむ
  • 一口大に切って、重ならないようタッパーへ。製氷皿に入れるのもおススメです
  • 茶色く変色するのを防ぐには、砂糖水をかけてください

砂糖の、濃度がバナナについて変色を防いでくれます。

ちなみに、黒く変色した部分は、ポリフェノール類が酵素の作用を受けてしまうためです。

食べても特に問題ないです。

ただ、ポリフェノールだけあって、ちょっと苦いんですよね解凍は

  • 自然解凍…冷蔵庫から出して30分~1時間ほど
  • 冷蔵解凍…冷蔵庫に移して1晩で、解凍できます

また、もともとポリフェノール含有量の多いバナナが、凍らせることで2倍になると言われています!

ポリフェノールには、抗酸化作用・老化防止など体に嬉しい作用が。

余ったバナナを腐らせる前に、ぜひ凍らせることをおススメします!

バナナの冷蔵庫・冷凍庫保存の期間や注意点は?

※冷蔵庫・冷凍庫に入れるとバナナは、熟成しませんので、バナナが、熟成して黒の斑点(シュガースポット)が出てから保存して下さい。

冷蔵庫保存のバナナは、10日前後で食べきるようにしましょう。

冷蔵庫だと冷えすぎるので、野菜室の方が長持ちします。

冷凍庫保存のバナナは1か月で食べきってください。

そして、冷凍したバナナは、解凍すると水分が出てしまい、生の時とは違った食感になってしまいます。

なので、食べ方をちょっとアレンジそのままミキサーに入れて、スムージにしたり、クッキーやマフィンなどのお菓子作りに。

凍ったものをシャーベット感覚でそのまま食べたり、アイスクリームに入れても美味しいですね!

まとめ

バナナが黒くなる理由は?食べても大丈夫?保存方法とは!についてはご参考になったでしょうか。

常温で、バナナが黒くなる理由は、自ら出す「エチレンガス」のためで、追熟が進んで黒くなるのです。

「シュガースポット」「スイートスポット」は、バナナが熟成した証拠で、糖度もポリフェノールも増しています。

冷蔵庫で、バナナが黒くなる理由は「低温障害」で、黒い皮を剥けば普通に食べられます。

冷蔵庫・冷凍庫に入れるとバナナは、熟成しませんので注意して下さい。

ちょっとした手間で、驚くほどバナナの持ちが違うんです!

買ってきてすぐ、の習慣にすれば面倒くさく感じなくなりますし、安い時に大量買いして保存しておけば、節約にもなります。

【関連記事】
れんこんを茹でると黒くなる理由は?変色を防ぐ方法!

こんにゃくの黒い粒の正体と白と黒の違いは?生芋も解説!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。