焼きみかんの効能は?作り方と食べ合わせをご紹介!

みかんは、手で皮をむいて簡単で手軽に食べられる

冬、定番の果物ですね

「甘酸っぱくて、美味しい」!

でも、手軽に食べることができ美味しいだけではなく

みかんにはビタミンCが豊富ということでも知られてますね。

実は、焼きみかんにすると、生で食べるよりもさらに、体にいいってご存知ですか?

焼きみかんの効能や作り方と食べ合わせについてお伝えしていきます。

広告

焼きみかんの効能 ?

焼きみかんには、 いろいろな効能があります!

効能の主なものは

  • ビタミンC
  • βクリプトキサンチン
  • ヘスペリジン

皮に含まれているこれらの抗酸化成分が、皮から果肉に移ります。

ビタミンCは、ミカンの果肉の三倍の量が皮に含まれていると言われています。

焼いて皮ごと食べることで、これらを余すところなく体に取り入れられます。

ビタミンCを採ると、免疫力があがり風邪に効きますね。

また美白、シミ、ソバカス除けの効果があります。

βクリプトキサンチンにはガン抑制効果が期待されます。

2人に1人がガンにかかるといわれている昨今、日常的に取り入れて損はないです!

みかんの袋や白いすじに含まれるヘスペリジン

壊れやすいビタミンCを熱から守って安定させてくれます。

血管を健康にする作用もあります。

また、焼くことで、クエン酸が変化し甘くなりますなので、食べやすくなります!

もちろん、ダイエット効果も!

ご飯前に食べると満腹感が得られるので、食べすぎ防止になります。

また、香り成分のリモネンは、交感神経を刺激して肥満予防にもなります。

みかんのクエン酸は余分な脂肪を燃やす効果も。

熱いミカンは体を温め、代謝を良くしむくみや冷えにも効果的です。

  • 焼くと、皮の栄養分が果肉に移って、栄養価が高くなる
  • 生のミカンを食べると体が冷えるので、焼いて温めたほうが良い。代謝が良くなり、むくみも取れる!
  • 果肉が甘くなる
  • 皮も一緒に食べられるようになる

などなど。人生って、知らないことで損することがいっぱいありますね。

広告

焼きみかんの作り方

作り方は簡単!

みかんを焼くだけです。

  • みかんの残留農薬を除去するために、50℃くらいのお湯に一分間浸します
  • タオルで水けを取り、100均で買った餅網にみかん二つを置いて、焼きます!
  • 火は弱火でじっくり。時々裏返して、まんべんなく火が通るようにします
  • 時間にして5~10分程度
  • オーブントースターなら10分~15分
  • 焦げ目がついたら、出来上がり!

焼いているうちに、みかんの爽やかな香りが漂ってきます。

この香りに含まれているリモネンという成分は、神経を鎮める作用もあるんですよ。

寝る前に嗅ぐと、穏やかな気持ちになります。

作った焼きみかんを、食べてみた!

熱いうちに皮をむいて、中の果実をほおばります!

甘―い!!

もちろん、皮の甘みもあるんでしょうが、プラス、温かいだけでも甘く感じますよね。

部屋の中が寒いので、ますます美味しい!体が温まります!

アツアツの果汁タップリの実を歯でつぶすと、冷えたのどが暖かくなって気持ちイイ。
ミカンの味も濃厚!

ちょっと焼いただけなのに美味しい!

ちなみに、冷めると美味しくありません。

冷めたものも食べてみたのですが、焼いた焦げのような味が入って、ママレードジャムのような味になってしまいました。

これはコレで、好きな方はいいかも・・・

なんとなく、味が濃厚、というより、傷んだミカンにしか思えず。

断然、焼きみかんは熱いうちに食べたほうが美味しいです。
あくまでもお好みでどうぞ・・

くれぐれも、むくときの火傷にお気をつけてください。

過去に、風邪をひいた時

おばあちゃんがこの焼きみかんを、お湯の中に入れてグシャグシャに、つぶしたものを持ってきてくれました。

「風邪に効くから飲みなさい!」と。

コレ、効果があったんですね。

身体が温まって、よく眠れるそうです。

特に、日本酒で割ると、酒の成分と相まって、吸収が良くなるとか。

焼きみかんの日本酒割もいいですね。

広告

焼きみかん(みかん)と食べ合わせが良くないものは?

ところが、この焼きみかん(みかん)食べ合わせの悪いものもあります。

①甘いフルーツ

実はみかんのような酸味の強いフルーツは甘いフルーツと一緒に食べるのはNG。

甘いフルーツといえば、バナナ、柿、メロン、スイカなど、でしょうか。

みかんの酸味が甘いフルーツの消化酵素をさまたげてしまいます。

そのため消化に時間がかかってしまい胃もたれを起こします。

「ミカンは酸っぱいから、甘いフルーツと合わせて甘くしよう!」という訳にはいかないんですね。

②でんぷん質のもの

同じく、でんぷん質もNGです。

みかんと一緒にとると、消化に時間がかかる。

また、腸・血液を浄化する作用も中和してしまう。

ご飯やパン、パスタ、サツマイモやジャガイモは一緒に食べないようにしましょう。

ご飯ものとミカン。あんまり食べ合わせる機会はなさそうですが、注意するに越したことはなさそうです。

そうすると、ミカンはご飯後のデザートには向かないんですね。

まとめ

焼きみかんの効能は?作り方と食べ合わせをご紹介!についてはご参考になったでしょうか。

おばあちゃんの焼きみかんには、長年の日本人の知恵が詰まってました。

生のみかんを、焼いて

焼きみかんにするだけで、皮の栄養分も効率的に体に取り入れることが出来ます。

みかんは体を冷やす効果もあるので食べ過ぎには注意です。

1日2個~3個にしておきましょう

【関連記事】
みかんの皮を活用して食べる方法とそれ以外の利用法!捨てずに再利用

みかんの1個のカロリーと糖質は?食べ過ぎると太るって本当?!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。