ブロッコリースプラウトの1日の摂取量と効果的な食べ方!

最近はスーパーマーケットなどでもおなじみになっている「ブロッコリースプラウト」

栄養豊富で、そのまま食べることが出来る手軽さから人気の野菜の一つになっています。

スプラウトとは「新芽」のことで

ブロッコリースプラウトとは、その名の通りブロッコリーの新芽です。

「ブロッコリースプラウト」には本家ブロッコリーをしのぐ栄養がたっぷり含まれているということをご存じでしょうか。

そこで、そんなブロッコリースプラウトのあれこれについて徹底解説していきます。

  • ブロッコリースプラウトの1日の摂取量は?
  • ブロッコリースプラウトの効果・効能は?
  • ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方は?

などについてお伝えしていきます。

広告

ブロッコリースプラウトの1日の摂取量は?

ブロッコリーの種を発芽させた新芽がブロッコリースプラウトです。

ブロッコリーは「野菜の王様」と呼ばれるほど栄養豊富な野菜ですが・・

ブロッコリースプラウトに含まれる「スルフォラファン」はブロッコリーの約7~20倍といわれています。

そんなにたくさん!だったらたくさん食べたらその分良い効果が得られるのではないか…と考える方も多いと思います。

たくさん食べても害はありませんが、ブロッコリースプラウトの1日摂取量は、30gほどでその効果は十分発揮されます。

しかも、スルフォラファンの効能は2~3日続きますから、1週間に3回程度摂取するだけで大丈夫なのです。

もちろん毎日食べても過剰摂取の心配はありませんが、他の野菜もバランスよく食べることも大切ですね。

実は、ブロッコリースプラウトの「スルフォラファン」には素晴らしい効果・効能があるのです。

実際私たちの体にどのような効果・効能があるのでしょうか。

ブロッコリースプラウトの効果・効能は?

ブロッコリースプラウトの注目する栄養素は「スルフォラファン」

スルフォラファンとは、植物が自分の身を守るために作り出した成分であるフィトケミカル(ファイトケミカル)の一つです。

スルフォラファンは良い作用をもたらしてくれることが明らかになって、積極的に摂取していきたい栄養素の一つです。

フィトケミカルとは、植物が自分の身を守るために作りだす色素や香り、辛みといった成分のことです。

野菜のネバネバや苦みなどが食べたときに感じることのできるフィトケミカルは、第7の栄養素ともいわれている注目の栄養素なのです。

実際にブロッコリースプラウトのスルフォラファンは、どのような効果・効能があるのでしょうか。

ブロッコリースプラウトの抗酸化作用・解毒作用

私たちは常に活性酸素によって体にダメージを受けています。

老化や細胞の劣化などはこの活性酸素の仕業によるものです。

しかし、一方では抗酸化力や解毒力によってこの活性酸素を消し去る力も備えているのです。

スルフォラファンにはそんな解毒力や抗酸化力をアップするために大切な役割を担っている「酵素」を作り出す力が備えられているのです。

ブロッコリースプラウトの抗炎症作用・抗ピロリ菌作用

例えばガンの危険因子として知られているピロリ菌に対する殺菌作用

スギ花粉症による炎症作用を抑制する可能性

アルコールを摂取することで発生するアセトアルデヒドの代謝を促進する作用、

老化の原因物質の一つであるAGEが体内で作り出されるのを抑える効果などなど、スルフォラファンの底力には計り知れない可能性があるのです。

ブロッコリースプラウトの肝機能改善

中でも、アセトアルデヒドの代謝促進効果は、肝機能の改善に効果的であると考えられています。

スルフォラファンを摂ることで、肝機能改善が期待できるのです。

ブロッコリースプラウトは、スルフォラファン以外にもビタミンCやカルシウム、ベータカロテン、葉酸、食物繊維などを含む栄養豊富な食品です。

ベータカロテンは、ブロッコリーの約3倍含まれています。

その栄養をしっかり摂取するためにも、購入後はなるべく早めに食べきるのがおすすめです。

製造日から1週間から10日ほどは保存できますが、食べるときは鮮度を目で見て確認して下さい。

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方は?

そんな力強いスルフォラファンを多く含むブロッコリースプラウト。

その効果・効能をしっかり私たちの体に吸収させるためには、効果的な食べ方があるのです。

次にブロッコリースプラウトの効果的な食べ方について解説していきます。

ブロッコリースプラウトは生のまま食べましょう。

ブロッコリースプラウト代表的な栄養素であるスルフォラファン。

スルフォラファンは、SGS(スルフォラファングルコシノレート)と「ミロシナーゼ」という酵素が反応することによって作り出されます。

この「ミロシナーゼ」という酵素は熱に弱く、加熱することによって壊れてしまいます。

食べることで作り出されるスルフォラファンをしっかり摂るためには、生で食べることが大切なのです。

そしてこの二つの栄養をしっかり反応させたくさんのスルフォラファンを作り出すために、よく噛むことも効果的な食べ方の重要なカギになります。

細かく刻んでおけば食べやすくなりますし、スルフォラファンの吸収率も上がります。

ブロッコリースプラウトからスルフォラファンを効率的に摂り入れるには、生ですりつぶして飲むのが効果的です。

スムージーなどに入れるのも良いですが、スルフォラファンは揮発性が高いので作ったらすぐに飲むようにしてくださいね。

まとめ

ブロッコリースプラウトの1日の摂取量と効果的な食べ方は?などに関するまとめはご参考になったでしょうか。

食べる分だけ下のスポンジから取り、残りはパックに入れたまま立てて野菜室で保存しておきます。

根元のスポンジに水分を含ませてラップで蓋をして立てたまま野菜室で保存すると1週間くらいは鮮度を保った状態で保存できますが、やはり購入したら新鮮なうちに食べるようにしたいですね。

栄養豊富なブロッコリースプラウトで健康な体作りを目指していきましょう。

簡単におさらいすると

ブロッコリースプラウトの1日の摂取量は?

  • 30gほどでその効果は十分発揮

ブロッコリースプラウトの効果・効能は?

  • 抗酸化作用・解毒作用
  • 抗炎症作用・抗ピロリ菌作用
  • 肝機能改善

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方は?

  • 生ですりつぶして飲むのが効果的

ブロッコリーの栄養を逃がさない方法は?栄養素や効能!

ブロッコリーとカリフラワーは同じ?違いも解説!

プチヴェールの味や栄養は?生で食べられる?

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。